よくある閉じ込み理由をチェックi

自動車の困ることの一つにキーの閉じ込みがあります。
特に困るのは外出先で寒い日や雨の時、キーと一緒に携帯電話まで閉じこんでしまうと、ロードサービスの手配も一苦労です。
そんなことしないと思っていても、最近は自分でかけるキーよりもリモコンキーが多いので、油断は禁物です。
閉じこんでしまうときの理由で多いのが、荷物が多い時です。
荷物と一緒にキーを車内に置いて、そのままドアを閉めてしまったり、キーが入ったジャケットごと車内に入れて閉めてしまうこともあります。
中には、ドアを閉める手が離れる直前に、”あ”と気が付くときもありますが、たいていその時は後の祭りです。
 
gf2160144537l                                                                             
 
また、車種別に違う注意点では、ステーションワゴンやワンボックスなどで、車全体のロックのカギと、トランクのカギが独立しているリモコンキーがあります。全体のロックを解除していれば、荷物を置いてドアを閉じた後もほかのロックは施錠していませんが、トランクだけ開錠して荷物を入れ、トランクを閉めると全部がロックされてしまいます。
閉じこんでしまったら、ロードサービスを依頼して、待つ間自分の用事ができないことに加え、一部の輸入車の会場には特別な技術が必要で、民間のロック会社に依頼した場合、10万円近くなることもあるので注意しましょう。

コメントは受け付けていません。