閉じ込みがちな状況「次の考え事」

車のトラブルで多いものの一つに、車のキーを車内に置いたままドアをロックしてしまうキーの閉じ込みがあります。
閉じ込みしがちな状況の例として、車外に何か気になる人や物があった場合についそちらに気を取られてしまった、クルマを離れてからその次にすることについて、何か考えていたり、その他目的地・駐車場所・電話など、何かを探していた、などが挙げられますが、これらは何も特別な状況ではなく、ちょっとしたうっかりミスが原因の場合がほとんどです。
                                                      

こうしたうっかりミスによるキーの閉じ込みを防ぐための方法として、車のドアをロックする際にはどんな時でもキーを使ってロックするという習慣を付けるといった方法があります。それでもついうっかりキー閉じ込みをしてしまった場合に備えて、いつも持ち歩く荷物の中にスペアキーを入れておくようにしたり、車のボディの外側で人目に付かず、しかも落とす心配の無いような場所にスペアキーを付けておくといった方法があります。
こうした二段構えでのキー閉じ込み対策をすることによって、うっかりミスによるキー閉じ込みのトラブルを防ぐことが出来ますが、それでもキー閉じ込みをしてしまった場合には、24時間対応してくれる鍵業者に依頼するのがおすすめです。

コメントは受け付けていません。